論説体ドリル第2弾が東方書店、内山書店の1月販売上位

 
 
 浙江出版集団東京株式会社が2019年1月18日に発行した『「人民日報」で学ぶ「論説体中国語」翻訳ドリル 初・中級』が、内山書店さま、東方書店さまの1月国内書売上ランキングで、ともに4位に入りました。
*写真は内山書店さまでの陳列状況

●各書店さまの2019年1月、国内書売上ランキング
・内山書店さま
・東方書店さま

 人民日報で論説体を学ぶシリーズは、2018年、ドリル第一弾の「入門・初級」を発行しました。今回発行のドリル第二弾は、HSK3~5級クリアを目指す方を目安に全体のレベルを設計、三潴先生がおすすめの人民日報の読み方などを紹介するコラムも掲載しています。第一弾が少し易しいと感じた方や、より難度の高い中国語を学びたい方が、活用してやすい一冊です。解説、解答を巻末にたっぷり掲載しており、大学や語学学校の授業でもご利用しやすくなっております。
 
〈2019/2/20公開〉