論説体ドリルが東方書店、内山書店の9月販売で上位

 
 
 浙江出版集団東京株式会社が2018年9月13日に発行した『「人民日報」で学ぶ「論説体中国語」翻訳ドリル 入門・初級』が、内山書店さま、東方書店さまの9月国内書売上ランキングで、それぞれ1位と2位に入りました。
*写真は内山書店さまでの陳列状況

●各書店さまの2018年9月、国内書売上ランキング
・内山書店さま
・東方書店さま

 弊社はこのドリルを新たな中国語学習ツールとして、シリーズ展開していきます。第二弾には第一弾から問題の難易度を少し上げた、『「人民日報」で学ぶ「論説体中国語」翻訳ドリル 初級・中級』の発行を予定しております。
 ドリルシリーズはB5変形判、本文を1枚ずつ取り外すことも簡単な製本方法を採用し、書き込み使用がしやすいのが特徴です。体裁や本文の構成などにご意見、ご要望をお持ちの方は、当サイトやTwitterなどからご連絡いただければ幸いです。

・当サイト内お問い合わせ受付
・弊社Twitterアカウント

〈2018/10/15公開、11/5最終更新〉