新刊情報 (日本語版などの出版予定) *情報は随時更新します。

『お茶の物語』 王旭烽著/三瓶はるみ訳


  

茶と中国文化の深く長いつながりを作家の感性で描く
 作者は著名な茶文化学者・作家として茶の歴史文化に深い造詣を持つ王旭烽。植物としての茶の淵源、人類との出会い、中国の文人や皇帝たちの愛した茶、中国文化の中の茶の役割、茶器や茶藝の発展など、長い歴史を持つ茶の「物語」を作家の感性で生き生きと描く。カラー図版多数。
(写真左が日本語版、右が原書『茶的故事』の書影)

◎『お茶の物語』販売ページリンク
・『お茶の物語』(2017年10月10日発行)
ISBN978-4-909089-10-6 C0098 定価2700円+税
A5判並製 184頁 大樟樹出版社発行

著者:王旭烽(おう・きょくほう)
1952年浙江省嘉興市生まれ。作家、茶文化学者。中国茶葉文化博物館勤務を経て、現在浙江農林大学芸術設計学院および人文・茶文化学院院長、教授。浙江省作家協会副主席。1980年より文芸作品を発表し、代表作として杭州の茶葉農家の4代にわたる歴史を描いた小説「茶人三部曲」(第一部『南方有嘉木』、第二部『不夜之侯』が第五回茅盾文学賞受賞。第三部『筑草為城』)などがある。

訳者:三瓶はるみ(さんぺい・はるみ)
東京都出身、お茶の水女子大学博士後期課程修了。敦煌文書中の民間文学である「茶酒論」(茶と酒の論争)、「燕子論」(ツバメとスズメの論争)などを研究。短大卒業後、台湾旅行で中国語に接し、中国語の勉強を始める。大手商社で中国向け輸出業務を担当、中国の生産工場に四年半勤務。帰国後、お茶の水女子大学に学部編集、大学と大学院で中国の古典を学ぶ。『講談社 中日/日中辞典』の編纂に携わる。

〈2017/3/15公開、2018/4/25最終更新〉